新 着 情 報
センターの概要     基本理念     特徴     仕事の依頼から就業・配分金の支払までの流れ

シルバー人材センターの紹介

センターの概要

 シルバー人材センターは(以下「センター」という)、「高齢者等の雇用の安定等に関る法律」に基づき、区市町村ごとに設置されている公益法人(公益社団法人)で、営利を目的としていません。
 企業や家庭、公共団体などから高齢者にふさわしい仕事を引き受け、センターの会員に仕事を提供しています。
 センターは、高齢者がお住まいの地域で働くことを通じて、活力ある高齢社会、地域社会づくりに貢献するとともに、高齢者が健康で生きがいのある生活ができることを目指しています。
 東京都には58のシルバー人材センターがあり、約7万8千人(2006年3月末)の会員が身近な地域で元気に活躍しています。

  高齢者の雇用の安定等に関する法律の詳細はこちら







基本理念


1.会員による自主的・主体的な運営
 
シルバー人材センターは、就業内容により組織・班をつくり、会員同士による自主的・主体的な運営をしています。

2.共働・共助で働く
 
会員の一人ひとりが今まで培ってきた豊かな知識と経験をいかし、お互いに協力し合いながら仕事を開拓して働いています。

3.公共性・公益性
 
会員の自主的な活動を通して、活力ある地域社会づくりに貢献しています。



特 徴

1.センターは、国・都・村からの補助金、会員からの年会費(600円)、そして事務手数料で運営され
 ています。


2.センターであつかう仕事は、主に臨時的・短期的で軽易な仕事が中心ですが、
資格や知識、専門
 性などが求められる仕事(毛筆・障子貼り・大工等)もあります。


3.臨時的・短期的な仕事が中心のため、センターは会員に対して「月々いくら支払う」といったような
 収入の保障はしていません。

4.請負または委任という形での就業となりますので、センターと会員、また会員と発注者との間に雇
 用の関係は結ばれません。

5.雇用関係にないため、就業中や就業途上中の事故に対しては、労災保険が適用されません。

6.労災保険の代わりに、入会された全会員にセンター独自のシルバー保険(傷害・損害賠償)へ加入
 してもらいます(無料=保険料は全額センターが負担します)。



仕事の依頼から就業、配分金の支払までの流れ










〒100−1211  東京都三宅島三宅村坪田3007番地
(電話)04994−6−1244  (FAX)04994−6−1003  (E-MAIL)myk2@coral.ocn.ne.jp
Copyright(c) 2008 Miyake Department of Labor for Elders. All Rights Reserved.